上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
咽の荷車
咽の奥へと手を伸ばし
擦れた声を瓶に詰め込む

密閉された大通り
解放された思いの丈が
消え入るような
鳥の巣立ちを見送る現実

身から出た錆が
重みを増した羽毛に絡まり
逆様の空に向かって
降下する

硬化する肌の谷間に
賑やかな膿を湛えながら
きっと今日も
繋がらない会話の先へ
覚束無い荷車を引き摺ってゆく

関連記事

2015.07.29


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。