上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
爛れた花弁
使い古されたものたちが
澱みの内で膝を抱える

レンズ越しの虫の唱
両目を隔てる意思は撃たれて
削れた身体が陽を塞ぐ

誰の言葉も届かない
花弁が刃物であるうちは
流れ出る日々
熱い鉄
溜りゆくのは
ケロイド状の真心ばかり

関連記事

2015.08.23


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。