上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
蛮勇の隅
注ぎ込む意識の行く先は
底の見えない沼の畔
まだ沈んではいないのさ
言い聞かす様に
湿気った靴へと呼び掛ける

水面が抱えた空目掛け
今日も誰かが飛んでゆく
プロペラの先に
沢山の顔を巻き込んで

紫色の風景は
何故にこれほど
遠いのか

掻き分けど掻き分けど
耳に届くは
絞り出された声ばかり

追った背中も
やがては途絶えて
追われる側へと身を窶す

誰よりも深く在れ
映り込んだものさえも
咎める事が出来ない様に

そう 広がりはとうに
蛮勇の隅で
途絶えていたのだ

関連記事

2015.10.31


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。