上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
雑身を以て
写真の中に横たわる
幼き日の享楽は
陽当たりの好い窓際で
確かに翅を毟り取る

お前の蛹は仮死状態だ

そう
生きているのか
死んでいるかも
微妙な意識で
身が熟すのを待っている

指の神経
腕の神経
首の神経より先には
深みある
音の羅列に組み込まれ
形も成せずに
留まり続ける変拍子

さあ
円筒に向けて杭を打ち込め

叫び散らした夜明けにざらつく
砂嵐の中の多幸感

恐れる事など何もないのさ
抜け出す意味すら覚えなくとも
煙突に張った梯子を昇り
等しく没するだけに過ぎない

関連記事

2015.11.13


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。