上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
新芽を貪る
駐車場からはみ出した
車体は命を譲らない

囃し立てる木々の葉が
溢れた卵を掻き寄せるまで
器にオイルは流れる事無く
凝り固まる関節と共に
幾度目かの雪の底へと
埋もれて行く またしても

ああ 貫くものは
正視に耐えぬものばかり

春には苦い笑みを摘み
からっと揚がった
新芽を貪る事となろう


関連記事

2016.01.13


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。