上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
奏者の革
傲った腹を探り当てて
横一文字に線を引く

ほら ご覧よ
たわわな太鼓が
悲鳴を上げて 破裂してゆく

熟成された音も昔は
澄み渡る様な
蒼さに焦がれていたのだろうか

見苦しい呻きは時を経て
奏者の元へ


関連記事

2016.02.06


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。