上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
夜へ到れず
暗がりに音を挿す
こんなにも映えた
拡がりだから

きっと水の様に
身体が求めて
止まないのだろう

焦点はいつも此処に在る
その事実だけで
肺も鼓膜も
飛び付くみたいに去って行く

視るもの全てが
隔てられているからさ

白んだ月は 見透しの好い
空に溺れて 夜へ到れず


関連記事

2016.02.13


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。