上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
掌の影
取り零した実りの跡に
賑わう声はいつも幼く
気負った背中に突き刺さる
拾った笑顔は実に眩しい

空ばかり仰ぐからさ
こんな小石に躓くなんて

崩れた柱は
もう何の支えにも
為りやしない

そう これは瓦礫だ
揺らぐ事さえ許されない
少々手に余る 夢の残骸

覆っていたのは
雲ではない

今 無防備な体に降り注ぐ
冷たい風と
豊かな陽射し

関連記事

2016.03.04


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。