上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
陽の受け皿
たっぷりと吸えばいい
使い古した綿と腸

汚れの知らぬ眼は霞み
爛れた傘の下に在れども
紡いだ音は変わらぬ筈さ

陽は脈々と流れ去る
けれども
月がそれを汲み上げ
細やかながらも
灯りが途絶える事はない



関連記事

2016.04.03


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。